楽天投信投資顧問の特徴と投資哲学

楽天投信投資顧問は、投資信託を組成・運用する
楽天グループの運用会社です。

私たちは、日本最大級のインターネットショッピングモールを運営する楽天株式会社の100%子会社であり、楽天証券、楽天銀行、楽天カードなどと共に、日本最大級のネット金融グループの一員です。証券会社は投資信託や株式などを販売する会社ですが、私たち楽天投信投資顧問は、資産運用会社として、投資信託を作り、運用する専門会社です。

投資家の皆様のため、私たちが本当に良いと思っている投資信託の開発・運用を実現できているのは、これまでの常識にとらわれず、人々と社会に力を与えること(エンパワーメント)を経営理念に掲げる楽天グループだからこそです。

楽天投信投資顧問の行動指針

  • Investors come first
  • Credibility
  • Professionalism
  • 楽天投信投資顧問は、長期投資の有用性が明確であると、
    プロとして私たちが自信を持ってお勧めできる運用投信を提供いたします。
  • 楽天投信投資顧問は、高度化・明確化する投資家のニーズに合わせた投資ツールを提供いたします。
  • 楽天投信投資顧問は、長期投資の考え方や積立投資のご説明等を通じて、
    投資の初心者がラクに投資の長期的成功を目指せるお手伝いに力を注ぎます。
  • 楽天投信投資顧問は、技術革新と金融技術の発展および規制緩和を活用して、
    納得感ある廉価な手数料で様々な投資を可能にいたします。

楽天投信投資顧問の投資哲学

楽天投信投資顧問の投資信託は、商品ごとに明確な投資哲学を持ちます。

例えば、楽天みらいファンドは、誰もがラクに長期投資の成功を目指せるように、
長期的に収益が目指せる「仕組み」を明確化して分散投資すること。

また、ETFである楽天225ダブルブル楽天225ダブルベアであれば、
ご自身の相場観で効率的に投資したい方のために、
ベンチマークである指数をトラックするための緻密なポジション管理を行うこと。

こうしたそれぞれの明確な投資哲学を、廉価で納得感のあるコストで実践いたします。

納得感のあるコストで、投資家の皆様を応援します。

  • ETF信託報酬 1/2 以下
    楽天ETFは、既に上場している同種ETFの平均と比較して、信託報酬が半分以下。さらに、楽天証券なら、売買委託手数料がいつでも0円に!(2016年10月末現在。楽天投信投資顧問調査)
  • 成功報酬 0 ~
    楽天みらいファンドは、信託報酬のうち基本報酬を低く抑えたうえで、すべての受益者の皆さまが収益を得ている場合のみ成功報酬をいただきます。収益が出ていない場合は、成功報酬は0円です。
  • 購入時手数料 0 ※1
    楽天USリート・トリプルエンジン・プラス(レアル)毎月分配型楽天みらいファンドなどを、インターネットでお申込みの場合、原則手数料はかかりません。
    ※1 インターネットでのお申込みの場合。

注目の投資信託

投資信託一覧を見る

  • 未来の自分に安心を、
    いまの自分に希望を。

    楽天みらいファンド

    楽天みらいファンド

    • ノーロード
    • 成功報酬
    • NISA/積立

    「予想」ではなく「仕組み」で長期投資の成功を目指します。基本報酬となる信託報酬を抑え、成功報酬方式を採用した納得感のあるコストが特徴の当社の看板ファンド。NISAや積立投資にも活用できます。

  • 毎月の生活に
    ゆとりをプラス。

    楽天USリート・トリプルエンジン・プラス(レアル)毎月分配型

    楽天USリート・トリプルエンジン・プラス(レアル)毎月分配型

    • ノーロード
    • 毎月分配
    • 米国REIT

    米国リートに実質的に投資するとともに「リートのカバード・コール戦略」、「ブラジル・レアル戦略」および「米ドル/円のカバード・コール戦略」の4つの収益の源泉(エンジン)を組み合わせ、安定した収益の確保と中長期的な成長を目指します。ネット注文なら原則購入時手数料0円!

  • もっとワクワク、
    もっとドキドキ。

    楽天225ダブルブルETF

    楽天225ダブルブル
    楽天225ダブルベア

    • ETF
    • 日経225
    • レバレッジ

    日経225指数の2倍もしくはマイナス2倍の変動率で動くように設計された指数に連動し、少額から低コストで始められます。同種のETFと比較し、運用コストは半額以下です。※2

  • ※1 インターネットでのお申込みの場合。
  • ※2 各社開示資料より楽天投信投資顧問調査。既に上場している同種ETFの平均信託報酬と当社の信託報酬を比較。(2016年10月末現在)